元プロ大越監督の挑戦でプロアマ規定緩和進展も

2012年03月26日 11時00分

 元プロ野球選手の大越基監督(40)が率いる早鞆(山口)がセンバツ出場を果たしたことでプロアマ規定緩和に注目が集まっている。


 プロ野球選手会の松原徹事務局長は「大越監督の努力は本当に素晴らしいことだと思う。我々も彼のような道を目指す人のため、野球界全体のレベルアップのためにも高野連などと話し合っている」と話す。


 現在は元プロ野球選手が高校野球の指導者になるためには2年以上の教諭経験など、様々な条件がある。松原事務局長は「選手と一緒に体を動かすことができる年齢のうちに指導者になることも大事なこと。こうしたことを実現するためにも、いろいろな提案をしていきたい」と規定見直しの必要性を訴えた。


 高野連サイドも「球界全体の発展のためにもいろいろなことを考えていく必要がある。教育現場の実情などを踏まえて慎重に話し合っていきたい」と前向きな姿勢を見せる。


 大越監督の挑戦が球界を大きく変えるきっかけになるかもしれない。

ピックアップ