阿部組「解体」単独グアム自主トレの真意

2016年01月06日 06時00分

昨年はグアム自主トレからの帰国も長野(左)、坂本(中)と一緒だった阿部だが…

 巨人・阿部慎之助内野手(36)は3日に単独で自主トレ先のグアムへ出発した。昨年までは坂本や長野を引き連れて行ってきたが、今年は「阿部組」を解体、しかも、出発便などの事前情報を報道陣に伏せた。阿部は何を考えているのか。

 常勝軍団を大黒柱として支えてきた背番号10が、例年と違う動きを見せている。阿部は出国後に「今年から一人でのグアム自主トレになるけれど、自分に負けないようにしっかりやってきます。本格的な打ち込みは宮崎の自主トレからになると思う。今年は高橋新監督を胴上げできるように頑張ります」とのコメントを寄せた。

 阿部のグアム自主トレは2004年からスタート。年始の恒例行事となっているが、その光景はこれまでとまるで異なる。阿部組の常連だった坂本や長野などおなじみのメンバーを同行させずに単身で出発。現地での練習や行動も別々にする方針だ。

 そもそも大所帯だった阿部が単独トレを選んだ理由は何だったのか。本人は「もう若いヤツらと一緒にやるのはキツいよ…。年下ばっかりだし。俺ももう年だな(笑い)」と自虐的に話していたが、体力面だけが問題ではないようだ。チーム関係者は「(坂本)勇人たちと同じ練習をすることで、かえって周りの足を引っ張ってしまうかもしれないという配慮なのでは」と阿部の胸中を代弁する。

 確かに阿部は出発日や便名をいくら尋ねられても「俺のことはいいよ。勇人たちの方に行ってあげて」の一点張り。最後まで出発便を明かさなかったため、空港に報道陣が詰めかけることもなく静かな出国となった。これは自分以外の選手にスポットライトが当たるようにとの気遣いだったのだろう。同時に坂本や長野がチームを引っ張るのはもちろん、グラウンド外でもメディアの前面に立ってアピールしてほしいという暗黙のメッセージだったに違いない。

 由伸監督から阿部とともに巨人復活のキーマンに指名されたサカチョーコンビは、背番号10が見せた“親心”にも応えられるか。