なぜだ?元中日・宇野氏がSKE松村香織に“フルスイング”指導

2015年12月25日 06時00分

松村(左)に打撃指導した宇野氏

 SKE48の松村香織(25)の秘密特訓を目撃! 名古屋市内の所属事務所内で22日に何やら奇妙な音が響いていた。そこにいたのは、中日OBで本紙野球評論家の宇野勝氏(57)とバットを握った松村。なんで打撃練習? 実はこれ、27日に都内で行われる「ケツバット会」に向けての猛特訓だったのだ。元ドラゴンズの本塁打王・宇野氏に、いったい松村は何を伝授されていたのか――。

 宇野氏「ヘッドが下がらないよう水平に!」

 松村「こうですか?」

 宇野氏「角度を一定に!」

 松村「わかりました」

 普段はダンスや歌のレッスンが行われているSKE48の事務所が、この日はいつもとは違った緊迫感に包まれた。聞こえてくるのは音楽でも歌声でもなく、バットのスイング音と打撃フォームに関する2人のやりとりだけ。宇野氏による松村への熱血指導は実に30分以上も続いた。

 松村が宇野氏の教えを受けることになったのは、27日に都内で行われる写真集イベントで再びケツバット会が行われることが決定したからだった。

 11月22日に名古屋市内で行われたケツバットイベントは大盛況。だがその一方で課題も残った。

「フルスイングしてもあまり衝撃を感じなかったっていう人が何人かいて…。それと終わった後に少し手首を痛めてしまったんです」(松村)

 2回目となるケツバット会をさらに盛り上げるために、松村の打撃フォームの改造は必要不可欠だった。

 そこで本紙が仲介役となり、松村への打撃指導を依頼したところ宇野氏は快諾。ここに球界と芸能界の垣根を越えた“ミラクル師弟コンビ”が誕生することとなった。

 宇野氏といえば1984年のセ・リーグ本塁打王。さらに落合博満監督、高木守道監督のもとで2度にわたってドラゴンズの打撃コーチを務めた人物でもある。あのオレ流も認める打撃理論の持ち主だけに、松村のスイングを2、3度見ただけですぐにその欠点を指摘した。

「インパクトの瞬間にバットが斜めになっていると、ヘッドの部分がお尻ではなく太ももに当たってしまうことがある。太ももだと、たとえプラスチックのバットだとしても痛い。お尻に水平になるようミートすれば相手も大丈夫。バットの角度が常に一定していれば、手首に負担がかかることも少ない」

 宇野氏のこんな的確なアドバイスを受けて、何度も素振りを繰り返す松村。すると次第にスイングの軌道は安定し、常に水平の状態でインパクトできるようになっていった。理想の“ケツバット用スイング”の完成だ。

 27日に行われるケツバット会のチケットは3部ともすべて完売したという。

「会う前は厳しい人なのかなと思っていたけど、宇野さんがこんなに熱心に優しく教えてくれるとは思わなかったのですごくうれしいです。宇野さんに安定したバッティングを教えてもらったので、前回よりパワーアップしたケツバットをお届けしたいです」と気合十分の松村。

 宇野氏と二人三脚で作り上げたスイングでアイドル界のイベントに革命を起こすつもりだ。