野球賭博関与の元巨人投手・笠原が草野球デビュー 5年後NPB復帰の算段

2015年12月10日 12時23分

笠原に「不行跡な」を意味する「Naughty」の冠が…(ユーチューブから)

 野球賭博に関与したとして無期失格処分を受けた元巨人・笠原将生投手(24)が“草野球デビュー”していたことが判明し、波紋を広げている。その笠原について、所属チームの齋藤竣亮GM(25)が独占激白。果たして再スタートを切った右腕の5年後のNPB復帰はあるのか。追跡取材した。

 笠原が草野球デビューしたとみられるのが、11月29日のこと。午前中の試合に代打で登場して二ゴロに倒れると、午後の試合では最終回のマウンドへ。2者連続三振の後は二ゴロに打ち取り「元プロ」というよりは「現役バリバリ」の剛速球を披露したという。

 貫禄たっぷりだったのは、マウンドさばきもそう。その場に居合わせた観客によれば、マウンドに上がるやいなや相手ベンチをひとにらみ。軽い軟式のボールで抑えが利かず、制球が定まらないからか「右打者は危ないな…」とつぶやき、相手打者を気遣う場面もあったとのこと。「チーム内で浮いているような感じもなく、仲間とワイワイ楽しそうにやっていた。とにかくデカくて、ひと際目立ってましたね」(観客)という。

 笠原を受け入れた軟式野球チーム「Naughty」(ノウティー)の齋藤GMによると「笠原の彼女と自分の妻が仲が良く、笠原と自分は同い年ということもあり、その関係で以前から付き合いがありました。ああいうことがあり『野球をやりたい』という笠原の思いは誰よりも知っていましたし、笠原も自分が野球のチームを持っていることを知っていたから、自然な流れでこのチームで野球をやることになった。今はまだ、笠原にしゃべらせるわけにはいきませんが、こちらが驚くほど練習していますよ。5年後の(NPB)復帰を目指しているというのもあるのでしょう。そんな彼を応援していきたいと思っています」。

 野球協約によれば、笠原が受けた「無期失格」は「処分後5年を経過した者でその間において善行を保持し、改悛の情顕著なものについては、本人の申し出により、コミッショナーにおいて将来に向かってその処分を解くことができる」とのことで、最短5年でのNPB復帰が可能。だが、5年のブランクはあまりにも大きく「事実上の引退」とも言われていた。それでも笠原は諦めることなく、軟式野球で野球を続ける道を選んだというわけだ。

 最後に齋藤GMはこうも続けた。「(野球チームの)メンバーは、自分の中学やシニア時代の仲間たちばかり。もちろんメンバーに野球賭博をやる人間は誰もいません。そこははっきりさせておきたいですね」

 事件の衝撃があまりにも大きかっただけに、今後も好奇の視線や厳しいやじが飛ぶこともあるかもしれない。

 だが、これからの笠原は信頼できる新たな仲間たちのためにも「善行を保持し、改悛の情顕著」に、野球に取り組む必要がある。