野球賭博問題で選手会が講習会

2015年12月04日 11時00分

4年目の続投が決定した嶋基宏会長(左)

 労働組合・日本プロ野球選手会の定期大会が3日、大阪市内で開かれ、嶋基宏会長(楽天)の4年目の続投が決定。また野球振興事業などを行う一般社団法人・日本プロ野球選手会は総会で現役引退した東出輝裕理事長(広島)の退任と大島洋平理事長(中日)の就任を承認した。松原徹事務局長の死去に伴い、森忠仁事務局長代行が事務局長に就任した。

 定期大会では巨人の3選手が無期失格処分となった野球賭博問題の対策として、来年2月のキャンプで講習会を開くことを決めた。嶋会長は「選手一人ひとりの意識の問題だと思う。自覚を持って行動していくために、定期的に話し合いの場を持ちたい」と話した。選手会がキャンプで各球団を回り、どの程度の賭け事が法に触れるかなどを具体例を挙げて説明する予定。

 ほかにもFA権を行使しての残留を認めない方針を球団が公表することが、選手への圧力になると問題視する意見が出た。選手会は18日のNPBとの事務折衝で、一部球団の姿勢の改善を求める。