広島「独身寮出戻り制度」復活で若手成長促す

2015年11月01日 10時00分

 広島が“出戻り制度”を復活させて若鯉の成長を促す。

 

 一軍で活躍する独身の若手選手は広島市内の大州寮で寮生活を送り、一人前になるまで野球漬けの生活を送っている。基本的に高卒で5年間、大学、社会人で3年間が寮生活期間の目安になっているが、その活躍度によってその期間の短縮も可能。そのため一人暮らしをしたい若手たちは「一軍で結果を出して寮を出るぞ」とモチベーションにしている。

 

 今季、先発から中継ぎに転向し、セットアッパーとして42試合に登板した大瀬良大地投手(24)や守護神に抜てきされて29セーブを挙げた中崎翔太投手(23)などが活躍ぶりを評価されて、来季から一人暮らしをする見込みだ。

 

 ただ一度、認められたからといって安泰なわけではない。「一人暮らしをしてから生活態度、特に食生活が乱れているようならばまた寮に戻すということを考えている。門限がなくなり夜遅くまで飲み歩いたりしてしまう恐れもある」(球団幹部)。グラウンドでの成績はもちろん、生活ぶりなどがチェックされ“ダメ”という判断を球団から下された場合、出戻りとなってしまうというわけだ。

 

 かつては生活態度が悪く寮への出戻りを食らった選手もいたが、近年この制度は事実上廃止となっていた。しかし、若手選手が継続的に活躍できないという事態が続いているため、復活させることになったという。夢の一人暮らしを手にしても、自己管理の意識が必要だ。