野球賭博だけじゃない 球界に「裏カジノ蔓延」

2015年10月11日 06時00分

立場が危うくなっている笠原。Tシャツに英語で書かれた「悪習を絶て」が、何とも意味深だ
立場が危うくなっている笠原。Tシャツに英語で書かれた「悪習を絶て」が、何とも意味深だ

 球界を震撼させている野球賭博問題で、新情報が飛び込んできた。巨人・福田聡志投手(32)に“胴元”のA氏(自称・税理士法人勤務)を紹介した笠原将生投手(24)が、A氏と関係の深い球界大物OBに、名古屋の裏カジノでのトラブルを処理してもらっていたという。それと同時に球界にはびこる“裏カジノネットワーク”の存在も明らかになりつつあり、波紋はさらなる広がりを見せている。

 某球界関係者は「これは複数のヤバイ筋から聞いた話だが…」と声を潜めながら前置きし、こう続けた。

「昨年のシーズン中、チームが名古屋遠征だった時に笠原が名古屋市内の『裏カジノ』へ行った。そこでトラブルになってしまってどうにも収まりがつかなくなり、その事態収拾役を務めたのが、あの大物OBだったらしい。笠原はそこで接点を持った大物OBから、くだんのA氏を紹介された可能性も考えられる」

 言うまでもなく「裏カジノ」は違法な遊技施設。暴力団の重要な資金源となっているケースが大半で、経営者側はもちろん、その場に出入りしていた客も当然ながら厳罰の対象となる。

 巨人が現在どこまで情報を把握しているかは不透明。笠原は今のところ野球賭博への関与は否定しているものの、この新疑惑浮上によってさらなる窮地へと立たされるかもしれない。

 だが、裏カジノ疑惑がささやかれているのは笠原だけではない。大のギャンブル好きで知られる福田もしかり。今回の問題のすべてを知る重要人物とも言われる元主力選手のX氏は、歌舞伎町の裏スロット店に足しげく出入りしているともささやかれており、そうした「裏カジノ」へひそかに足を運ぶ客は、球界に「複数いる」との証言もある。そこで知り合った裏の人間たちとのネットワークなどで、共通の知人などがどんどん増えていき、交友関係が広がっていくというわけだ。

「多くのカネを散財してくれるプロ野球選手は『裏カジノ』にとって上客。そういうプロ野球選手の客が桁違いのカネを使い果たしてしまって、その場で払い切れなくなるなどヤバイ状況へと追い込まれてしまった場合には、店側とつながっていて裏社会にも顔が利く人間が突然ヒョイと出てきて助けてくれる。その人間が『まあ、この場はうまく収めておきますから』と言って恩を売っておけば、言われた側はそのまま店通いをやめづらくなる。名古屋を拠点に活動していたA氏には『裏カジノ』で、そういう役回りも担う“もうひとつの顔”があったともささやかれています」(事情通)

 野球賭博だけでなく球界に“裏カジノネットワーク”まであるとなれば、事態はなおのこと深刻だ。一部からは「西の球団で活躍する人気選手が大の裏カジノ好き」との話も出ており、そうした情報は今回の問題を調べている調査委員会も把握しているという。

 福田や笠原はいまさら反省しても時すでに遅しといったところかもしれないが、その他の裏カジノネットワークの面々は、今ごろ背筋を寒くしているのではないか。「現行犯じゃなきゃ大丈夫」「バレなきゃ問題ない」でスルーできる状況ではなくなりつつある。

ピックアップ