【野球賭博】他球団にも出入りする胴元A氏の背後に超大物OB

2015年10月09日 06時00分

 やはりその筋の人だったのか。巨人・福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していた問題で、笠原将生投手(24)から紹介された知人・A氏の“素性”が明らかになってきた。暴力団関係者である疑惑が強まる一方で、長期間にわたって球界と深い関係があったことを示す証言が続々と浮上。巨人だけでなく他球団への出入りも確認されているという。慌てて選手らに事情聴取を実施する球団も出てくるなど、球界全体に重苦しいムードが立ち込めている。

 福田が野球賭博に関与した問題を受け、巨人側は胴元とされるA氏を自称税理士法人勤務とした。違法行為である野球賭博に福田を勧誘した人物だけに、当初から「暴力団関係者ではないのか」との疑念も向けられたが、5日に行われた会見で巨人・森田清司法務部長は「いろいろとその辺の方向について調べてはいるが、今のところそういう情報はない」とした。ところが関係各方面に取材をかけてみると、これまでベールに包まれていたA氏の“正体”が明らかになってきた。

 某球界関係者は「さすがにこれはヤバい話なので…」と絶対匿名を条件に、こう続けた。

「A氏は名古屋地区などで、プロ野球界の超大物OBと数年前までビジネス上で深い付き合いのあった人物だ。そのOBに対して野球教室や講演活動などさまざまな仕事をあっせんする役回りを担うなど、いわば『側近』のような立場だった。そのOBは現役時代、輝かしい記録も作った元名選手で、周囲には『A氏との関係はとっくに切れている』と言い張っているようだ」

 その一方では「A氏は大物OBが現役時代の終盤に、黒のワンボックスカーで移動していた際の運転手を務めていた。名古屋で飲食店を経営しており、プロ野球界に顔が利くと言われている」(別の関係者)という証言も浮上した。

 名古屋といえば、6代目山口組の中核団体である弘道会のお膝元。それだけに「巨額なカネが飛び交う野球賭博の世界には、胴元の上に別の胴元がいる。そのピラミッドの頂点にいるのが暴力団組織。これは、この世界の常識だ。名古屋をベースに暗躍していたA氏は当然、弘道会とも関係が深い。『どうやら(弘道会系暴力団組織の)構成員らしい』との情報まである」(前出の関係者)。別の関係者も「見た目から堅気ではなくその筋の人に見えるそうで、実際に組関係者だという。ただ組の中では三下扱い」とした。

 証言通りA氏が暴力団関係者だとしたら、福田や笠原の立場はますます危うくなる。そして「球界に顔が利く」ということは…。当然2人だけの問題ではなくなる。

 A氏については複数の筋から「今季の公式戦でメディア関係者のパスをぶら下げ、我が物顔で数球団の本拠地球場を出入りしている姿をこの目でハッキリと見た」との話も。実際にこの野球賭博問題が発覚した直後、在京球団の主力選手が真顔で「Aさんって、あの○○さんのことですよね?」と本紙に逆取材をかけてきた事実もある。そうなれば、堂々と球場にも出入りするA氏が、各球団の選手を野球賭博に勧誘していた可能性も否定できない。

 球界を震撼させている野球賭博問題は巨人はもちろん、他球団にも広がりつつある。いずれにせよA氏の消息がカギを握ることになりそうだが、今ごろは…。