巨人「野球賭博」で浮上した元主力選手

2015年10月08日 06時00分

練習前に円陣を組む巨人ナイン
練習前に円陣を組む巨人ナイン

 巨人・福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していた問題を受け、白石興二郎オーナー(69)が6日、東京ドームで練習前の選手に事情説明を行った。球団は全選手と球団職員から事情聴取することを明らかにしたが、そこで新たな事実は出てくるのか。球界内からは“強制捜査”を求める声が噴出する一方、今後の展開を一変させかねない重要人物の存在もささやかれている。

 野球賭博問題の発覚から一夜明けた6日、巨人は東京ドームで全体練習を行った。練習前には白石オーナーが選手たちを集め、約10分間の臨時集会を開いた。

 その後、報道陣に対した同オーナーは「野球を応援してくれている多くのファンの皆さん、国民の多くの方々の信頼を裏切ることになってしまい、心からおわびしたい」と謝罪した。

 選手たちには「非常に不面目な事態に至ったことは極めて残念である。巨人軍の創設者である正力松太郎は『巨人軍は紳士たれ』という訓示を残した。そういう重い責任を巨人軍は背負っている。それを君たちも忘れてはいかん」と訓示したという。

 原監督は「心を痛めているし、事態の大きさを受け止めている。しっかりと原因を究明して、今後絶対に起きないようにしないと」。球団ではこの日から一、二軍の全選手や首脳陣、球団職員らに聞き取り調査を行うことを決めた。

 とはいえ「原因究明」と声高に訴えたところで、ヒアリングにより「実は野球賭博をやっていました」と、正直に明かす選手がいるのかどうか。「あの選手が怪しい」という証言があったとしても、本人が「やってません」と否定すればそれまで。徹底的に原因を究明するためには確たる証拠を押さえる必要があり、それには選手の携帯電話を押収し、メールやLINEなどの履歴を確認するしかない。

 2010年に起きた大相撲の野球賭博問題では、警視庁組織犯罪対策3課が力士の携帯電話を押収。消失メールは修復し、メールのやりとりから「動かぬ証拠」として次々と力士の実名が挙がったのは記憶に新しい。

 そうしたこともあり、在京球団の関係者からは「こうなったら熊崎コミッショナー、調査委員会には、やりとりのメールの開示を含め、徹底した究明を求めたい」と“強制捜査”を求める声も上がっている。たとえ調査委ではできなくとも、警察が野球賭博の摘発に本格的に動けば、大相撲の時と同様、胴元のA氏のメール解析などから新事実が次々と明らかになり、球界の処分者が一気に膨れ上がる可能性がある。

 また、その一方では「あの人はやばい」と言われている重要人物の存在が、球界ではささやかれている。故障のため若くして現役引退した元主力選手X氏で、暴力団関係者と深い関係にあるという。野球賭博のほかにも裏カジノなどにも関わっているそうで「黒い霧事件」で自分の八百長と自分以外に八百長に関わった数々の選手の実名などを告白した西鉄・永易将之投手(永久追放処分)同様、X氏が口を開くようなことにでもなれば、大変な事態になるだろう。

 この問題、徹底究明しようとすればするほど、深い闇に足を踏み入れることになるのは間違いなさそう。球界は今、重大な局面に立たされている。

ピックアップ