阪神・和田監督退任を発表 関川打撃コーチも辞意

2015年10月01日 11時00分

今季限りでの退任が決まった和田監督

 阪神は30日、和田監督が今季限りで退任すると発表した。監督から退任の申し出があり、受け入れた。就任4年目の今季、優勝争いを演じていたが、シーズン終盤に失速し、27日に優勝の可能性がなくなった。現在3位で4位の広島には1・5ゲーム差をつけており、クライマックスシリーズ(CS)進出が懸かった2試合を残している。CSに進出した場合について、南球団社長は「まだ戦いは残っているから、もちろん最後までやってもらう」と話した。

 また、関川浩一打撃コーチ(46)も辞意を固めていることが分かった。「こんな成績なので責任を感じている。腹は固まっていますよ」と話した。30日現在、チーム打率はリーグ5位の2割4分7厘、本塁打数もリーグ5位の78本と低迷している。