中日・和田 引退会見で若竜にゲキ「しっかりしろ!」

2015年09月19日 13時04分

ユニホーム姿で引退会見を行った和田

 今季限りで現役を引退する中日・和田一浩外野手(43)が19日、ナゴヤドームで会見した。

 

「物心ついたときからドラゴンズファンで、ユニホームを着るのをずっと夢見てきた。8年間ずっと夢のような時間だった」と目を赤くしながら中日の在籍期間を振り返った。

 

 県岐阜商から東北福祉大、神戸製鋼を経て1996年ドラフト4位で西武に捕手として入団。その後、打力を生かすため外野手に転向すると、2005年に首位打者を獲得した。

 

 07年のオフにFAで子供のころから憧れていた中日に移籍。10年に全試合出場して3割3分9厘、キャリアハイとなる37本塁打、93打点の活躍でリーグ優勝に大きく貢献してMVPに選出された。今年6月11日のロッテ戦(QVCマリン)では、史上最年長となる42歳11か月で通算2000安打を達成した。

 

 若手ナインに「何をやっているんだ。しっかりしろ。やっぱりいい思いをしてもらいたいですからね」と笑顔でメッセージを送った和田。自身の今後については「家族との時間、子供との関わりが不足していた。子供たちの野球のコーチになりたい」と笑いを誘った。