「ベテラン3人現役続行」モリミチ発言にフロント困惑

2012年09月30日 18時00分

 中日・高木守道監督(71)が、山本昌、山崎の去就について「彼らはやるっちゅうことになっている。川上もしかり。やりますよ」と川上も含めたベテラン3人の現役続行を明言した。

 

「マサ(山本昌)は今の調子なら、来年は本当に開幕投手をやるかもしれん。山崎はブランコには代えられないけど、交流戦でDHもある。来季はアカンなら終わりぐらいのつもりでやってもらいたい。3人は名古屋のファンも期待する声が大きい。それに代わるスターらしいのも出てこんしね。置いといてもまだまだ役に立つ。それを越える若手も出てこないし」とその理由も説明した。

 

 ところが、このモリミチ発言にフロントが大慌てとなった。3人の現役続行はまだ正式に決定はしておらず、指揮官の完全なフライングだったからだ。井手編成担当は「まだ球団としては何も決まっていない。なるべく監督の意に沿いたいけど分からない」と言葉を濁すばかり。ある球団幹部は「そんな話は監督と全くしていない。こちらの雰囲気を察してそう思ったのかな。やるっていうことになってるって言うけど、いつからそうなっているのか」と苦笑い。別の幹部は「明日、そういうのが新聞に出ちゃうのかな」と不安そうに話した。

 

 3人の現役続行は既定路線とはいえ、正式決定までには手順もある。そんなことはお構いなしの老将の無邪気な発言にフロントは「口止めするわけにもいかないし…」と頭を抱えている。