ヤクルト大迷惑?バレンティンのキング争い

2012年09月30日 18時00分

 喜んでばかりもいられない!? ヤクルトは29日の中日戦(神宮)に0―4と完封負けしたが、4位の広島が阪神に敗れたことで3位が確定。クライマックスシリーズ(CS)進出が決まった。

 

 そのヤクルトの悩みのタネは助っ人バレンティンだという。ネックとなっているのは、巨人・阿部と3本差で争う本塁打王のタイトルだ。「阿部との本塁打争いを意識するあまり、最近は大振りになっている。小川監督からは『ボール球を振るな』と再三言われているものの、なかなか直らない」(チーム関係者)

 

 来日1年目の昨季も同様の症状に悩まされた。球宴第1戦のホームラン競争で西武・中村とキングを分け合うと「後半戦は何でもホームランを狙って、大きく打撃を崩した。もともとパワーがあるからセンター返しを心がけるだけで十分なのに、引っ張ろうとしてコンパクトな打撃ができなくなった」(球団関係者)。勝負どころの9、10月の40試合で打率1割8分(シーズン通算は2割2分8厘)と低迷し、優勝間違いなしと見られていたチームの足を引っ張ったことは記憶に新しい。

 

 おまけに守備の不安もある。CSで下克上を果たすためにもバレンティンの長打力は欠かせないが、場合によっては“ジョーカー”にもなりかねない状況だ。