脅威の強心臓!鷹・武田プロ初完封

2012年09月26日 12時00分

 ソフトバンクは25日、オリックス戦(京セラ)に7―0で快勝。先発のドラフト1位右腕・武田翔太投手(19)が自身最長となる9回を投げきり、圧巻のプロ初完封。高卒1年目としては球団新記録となる7勝目を挙げた。

 

 ピンチでも動じないルーキーらしからぬ強心臓を見せつけた。2点リードで迎えた5回、先頭のスケールズに中越え三塁打。しかし小島を空振り三振、日高を平凡な投飛、三ツ俣を空振り三振と完璧に打ち取った。斉藤投手コーチが試合前に「ブルペンでも十分状態の良さを感じたけど、乗ってくればもっと調子が上がってくるだろうね」とうなずいていた通りの好投だった。

 

 修正能力も新人離れしている。最近は直球が150キロに届かずじまい。体の開きやリリースポイントなどで試行錯誤していたのだ。本人は「今のフォームは応急処置。今季中は直らないかも」と話す。

 

 それでも、慌てず少しずつ修正。プロ初完封を成し遂げた。すでにローテーションに欠かせない右腕になっており、クライマックスシリーズでの先発もあり得そうだ。

 

 打線は4回に今宮の左犠飛で先制すると、小刻みに加点して武田を援護した。もはや“死に体”のオリックスにきっちりと勝ち、奇跡の逆転Vに望みをつないだ。