広島ドロ沼…巨人戦10連敗

2012年09月26日 12時00分

 CS進出が絶望的となった広島が不名誉な記録を作ってしまった。25日の巨人戦(マツダスタジアム)は2―3で敗れて8連敗。先発・大竹は粘りの投球を見せたが、8回途中3失点で降板。打線はエルドレッドの適時打と代打・前田智が同点打を放ったのみで沈黙した。この黒星で巨人戦は10連敗となり、球団ワースト記録を更新してしまった。

 

 ベテランの一振りがチームに喝を入れた。1点を追う7回、二死三塁のチャンスを迎えると代打の切り札・前田智が登場。巨人・宮国の144キロの直球を中前へはじき返して同点に追いつくことに成功した。前田智にとっては15打席ぶりの安打。

 

 どうしても負けるわけにはいかなかった。初のCS進出は絶望的な状況になったが、この日の赤ヘルナインはモチベーション大。というのもここまで対巨人戦は9連敗と2か月以上、白星から遠ざかり、10連敗となれば、球団ワースト記録を更新してしまうからだ。高野手チーフコーチは「やられっぱなしではいけない」とミーティングでもナインにゲキ。さらに「真っ向勝負をし過ぎたところもあったので、もっと“裏技”を使っていかないといけない」と機動力を生かした野球で勝利を目指すつもりだった。

 

 しかし、打線はまたしての“巨人アレルギー”を払拭することはできなかった。巨人先発は今季4度目の対戦で一度も負けを付けられていない高卒2年目・宮国だったが、3回までわずか1安打と沈黙。2点を追う4回に一死一、三塁からエルドレッドの適時打で1点差にするが、その後は得点機を生むものの、チャンスを生かすことができなかった。

 

 先発・大竹は7回まで2失点と粘りの投球を見せた。しかし、同点に追い付いた直後の8回に3冠を目指す阿部にバックスクリーンへのソロアーチを浴びてしまい降板。結局、打線は反撃できずにワースト記録となる巨人戦10連敗を喫してしまった。

 

 チームの連敗も8となり、まさにドロ沼状態。野村監督は「誰かに頼るのではなく、自分がという気持ちを持ってほしいのだが…」とがっかり。赤ヘルはいつになったらこのトンネルを抜け出すことはできるのか。