内海 故障グセ直らず…次回登板で汚名返上なるか

2015年07月30日 16時00分

左太ももを裏がつり、うずくまる内海(右)

 巨人が29日のDeNA戦(京セラ)の延長10回に5―3でサヨナラ勝ち。今季2度目の先発となった内海哲也(33)は7回途中3失点と粘投して勝敗はつかなかったものの、またもコンディション不良で緊急降板となった。

 

 左前腕部の炎症で開幕を二軍で迎え、今季初登板となった6月5日のソフトバンク戦(東京ドーム)では、両太もも裏がつるアクシデントに見舞われて4回途中5失点で降板。この日は6回まで2失点で何とか試合をつくり、長野の逆転2ランなど打線の援護も受けたが、1点リードの7回に再び悪夢が訪れた。

 

 一死一、三塁のピンチの場面で白崎に初球を投げた直後、左太もも裏がつって無念の降板。その後に3―3の同点に追いつかれ、待望の今季初白星は消えてしまった。

 

 試合後の原監督は内海について「この状態であれば次もあるでしょうし、ナイスピッチング。次は本人も改めるでしょう。ボクの中では(内海本来の姿が)戻ってきたと思います」と責めることはなかったが、さすがに内海本人はガックリ。「ゲームはつくれたと思う」と振り返りつつ「いろいろな対策を練って最善を尽くしてきたつもり。最終的には、つってしまった。原因は本当に分からないので、どうしたらいいか迷っている」と肩を落とした。

 

 首脳陣からは「先発なわけだし、7回までは、きっちりと投げてほしい。内海はアクシデントが多すぎる」と厳しい注文もついたが、これも期待しているからこそ。「チャンスをもらえるなら、最善を尽くしてしっかり投げたい」と力を込めた内海は、次回の登板で汚名を返上できるか。