阪神マートンが早実・清宮に大注目

2015年07月29日 16時00分

3回に2点適時打を放ったマートン

 阪神のマット・マートン外野手(33)が28日の中日戦(ナゴヤドーム)で活躍。2―2の同点に追いついた3回、二死満塁で左前に勝ち越しの2点適時打を放ち、チームをヤクルトと並ぶ首位に導いた。

 

「ゼッコウチョウ!!」。試合前からDeNA・中畑監督顔負けのセリフを飛ばしていたマートンだが、その予告通りの働き。「(適時打は)ボール気味の球だったけど、いいところに落ちてくれて良かったよ」と試合後もニッコリだった。

 

 そんなマートンには今、気になる「存在」がいる。早実で1年生ながら3番を任されている話題の怪物・清宮幸太郎内野手だ。「まだ(直接)見たことはないが、いい打者らしいね。楽しみだよ。(夏の)甲子園に出るんだよね。小学校の時(実際は中1)に世界一になったんだって? すごいよね!」と目を輝かせて話した。

 

 実はこのマートン、助っ人にもかかわらず、阪神内では指折りの“高校野球好き”だ。「マートンは甲子園の大会が始まると時間がある限り、かじりつくように中継を見ている」(チームスタッフ)。2012年に大阪桐蔭のエースとして春夏甲子園連覇を果たした藤浪についても、当時からその素質にほれ抜き「彼は素晴らしい投手になる!」と興奮気味に話していたもの。当然、今夏の目玉・清宮も絶対チェックと張り切っているわけだ。

 

 そこで球団内からはこんな「効果」を期待する声が…。「清宮君には甲子園で大活躍してマートンを楽しませてほしい。試合前も甲子園大会を(テレビで)見てるけど、そこですごい試合や打者を見るとテンションが上がって集中力もアップするからね。清宮君が1年生なのに大活躍すれば間違いなく、マートンもいい刺激を受ける」(ある球団関係者)。怪物1年生が打てば打つほどマートンも試合で奮起するはず、というのだ。

 

 今夏の甲子園大会は8月6日から開催。スケジュールが合えばマートンが直接、早実の試合観戦の可能性もあるが、周囲の期待通りの“清宮効果”が出ますかどうか…。