物議を醸した「吉見は開幕投げれん」

2012年09月28日 18時00分

 中日で高木守道監督(71)の奔放な発言が、またまた物議を醸している。今回、問題となっているのは22日の阪神戦後のこと。6回3分の2無失点投球で今季初勝利をマークした4年目の伊藤について、指揮官が「来年の開幕投手ができた。もう開幕がいいですよ。(右肘骨折で)吉見が開幕に投げれんからね」とコメントしたことだ。

 CSでの“新戦力”となる伊藤を持ち上げるモリミチ流のリップサービスとみられるが、チーム関係者は「5年連続2桁勝利しているウチのエースの吉見のことを考えれば、それは絶対に言ってはいけないこと」と憤慨しきり。別の関係者も「吉見は(右肘頭骨棘骨折で4週間の安静が必要と診断され、CS出場は絶望的だが)今季の日本シリーズでの復帰登板の可能性だってまだ残されているし、まるで来季の開幕にだって間に合わないような発言はよくない。吉見だって面白くないはずだよ」と厳しい表情だ。

 リーグ2位からの逆転日本一を目指す中日。高木監督にしてみれば“それくらいのことで…”と思うかもしれないが、チーム内はピリピリしている。