西武ドラ3ルーキーの外崎 ビデオ判定でプロ初アーチ

2015年07月25日 19時36分

 西武のドラフト3位ルーキー・外崎修汰内野手(22)が25日、日本ハム戦(西武プリンス)に8番・遊撃でプロ初先発出場を果たし、ビデオ判定によるプロ初本塁打をマークした。

 2回二死の第1打席、打球はレフトポールの上空を通過しそのままスタンドイン。石山三塁塁審は自信を持って「ファウル」を宣告したが、西武側の抗議でビデオ判定が行われ、「ホームラン」となった。

 三塁ベンチで判定の行方を見守っていた外崎はその瞬間、ニッコリ。打ってから時間差はあったものの、ナインにハイタッチで祝福された。

 

 外崎の話「(打った球は)まっすぐです。(2―1と)1点差になっていたので思い切りいこうと思っていました。プロ初ホームランはファウルと判定され、リプレー検証を待っている間、すごくドキドキしていました。結果、ホームランに判定が変わったので特別にうれしいです」

関連タグ: