ソフトB・工藤監督 バンデン見極め迷いなし

2015年07月24日 11時00分

スタンリッジの愛息キャッシュ君(中)と遊ぶ武田翔太(右)を見て爆笑する工藤監督(左)

 ソフトバンク・工藤監督が助っ人右腕の“取り扱い”に自信を見せている。今日24日からのオリックス3連戦(ヤフオクドーム)初戦に先発するバンデンハークは、直近2試合で課題のクイックに苦戦し、疲労から制球の精度が落ちるなど安定感を欠いている。チーム内でも不安視する声が上がっているが、その眼力でチームをぶっちぎりの首位に導いてきた指揮官に迷いはない。

 

 ソフトバンクは、後半戦最初のカードを連勝で飾り、2位と6ゲーム差の独走態勢に入った。投手練習のみが行われたヤフオクドームに顔を出した指揮官に気の緩みはなく「守りに入らないことが大事になる」と今後の戦いを見据えた。

 

 今日24日から最近10試合で7勝と好調のオリックスを本拠地に迎える。工藤監督は「上位との戦いも大事だが、下位との戦いも同じくらい重要」と位置づけており、カード初戦をバンデンハークに託す。

 

 ここまで無傷の3勝を挙げている助っ人右腕だが、最近は下降気味。課題とされるクイックモーションに気を取られているのか、バランスを崩して制球が乱れるケースが目立つ。

 

 さらに疲労から自慢の直球がシュート回転し、キレと制球を失っている。5四球3失点で5回KOとなった15日の日本ハム戦(帯広)後には、チーム内でもこの2つの問題点を指摘する声が出ており「スタンリッジとの中10日併用が、バンデンハークにはいい休養になって都合がいいかもしれない」という話が出たほどだ。

 

 ただ、指揮官のバンデンハークに対する信頼は変わらない。「使い方はちゃんと考えている。良い時の状態と悪い時の状態は、見れば分かるからね。長く投げさせても大丈夫という時は8回くらいまでいくし、良くないときは早めに代えるよ」と話し、周囲が不安視する声などどこ吹く風だ。

 

 工藤監督は昨季一軍登板のなかった二保の才能を開花させ、固定化されていない二塁手の起用では「日替わりヒーロー」を誕生させてきた。その眼力をバンデンハークの見極めでも発揮するようなら、指揮官の求心力はさらに高まる。ライバル球団にとっては、ますます隙のない嫌なチームになりそうだ。