西武 163センチの雑草男・水口 背番号123から「00」に

2015年07月23日 14時16分

育成から支配下選手登録された水口。右は変更前の背番号「123」のユニホームを持つ鈴木球団本部長

 西武は23日、2013年の育成ドラフト1位で獲得した水口大地内野手(26)と支配下選手契約を締結したことを発表した。

 

 これにより背番号は「123」から「00」に変更、年俸は300万円から500万円にアップした。水口は「今までたくさんの方々に指導していただき支えられてきました。その方々への感謝しかありません。恩返しは野球でしかできないので、これからますます努力しチームの力になりたいと思います」と抱負を語った。

 

 鈴木球団本部長は「目指すのはユーティリティー。支配下になって足を止めていたら終わりだという話を本人とはした。(契約の)期間が長いか短いかは自分次第」と身長163センチ、独立リーグ出身の雑草男にハッパをかけた。

 

 なお西武が今季、育成から支配下契約を結んだ選手は林崎(再契約)に続き2人目。これで支配下登録選手は合計68人となった。

 

(金額はいずれも推定)