高木監督「俺が監督をやるときはいつも金がない」

2012年09月27日 18時00分

 中日が獲得を目指している前ヤンキース傘下3Aスクラントンの福留孝介外野手(35)について高木監督が弱気と愚痴のオンパレードだ。

「フロントから本人と代理人と連絡を取ったという報告は受けました。でも来ないんじゃない。うちは金がないから。俺が監督をやるときはいつも金がないんだ。大物監督の後で。前回は星野(現楽天監督)が金をいっぱい使ってなかった」。前政権時代にFAで横浜の高木(現DeNAヘッドコーチ)獲得に乗り出したが「(球団が用意した)金が安くて獲れなかった」ことがどうやらトラウマになっているらしい。

 そんな指揮官に「もしも福留が獲れなかったら、とんでもないことになるんじゃないか」とチーム関係者はビクビクしている。福留に代わるクリーンアップ候補の獲得のため、出血覚悟のトレードを画策するのではというのだ。「監督は前政権でも長嶋さん(現ロッテ二軍コーチ)や宇野さん(現中日打撃コーチ)の主力選手をトレードで放出している。やるとなったらやる人だからね」(チーム関係者)

 中日の和田、井端、荒木、森野などの主力選手は軒並み複数年契約を結んでいるためトレード候補にはならないが、それ以外のナインは全て対象となる。福留を獲得できるのかできないのか。竜ナインにとっても気がかりだ。