マエケン2冠へ「あと2試合登板」

2012年09月24日 12時00分

 防御率と最多勝の2冠を目指す広島・前田健太投手(24)が、残り10試合で2試合に先発する意向であることが23日、分かった。

 

 大野投手チーフコーチが「本人が『あと2試合行きたい』と言っている」と明かしたもので、ほぼ手中にしている防御率のタイトルだけでなく、14勝の巨人・内海を1差で追う最多勝にも意欲を見せているという。

 

 前回21日のDeNA戦では5回無失点と好投しながら、腰の違和感から無念の降板。いまだ次回の登板予定は決まっていないが、エースは最後まで2冠を狙うつもりだ。