安定感抜群!ホールトンCS当確

2012年09月24日 12時00分

 巨人は23日、ヤクルト戦(東京ドーム)に2―0で勝ち、今季のセ5球団すべてのカード勝ち越しを決めた。先発のホールトンは7回を3安打無失点という見事な投球で今季12勝目をマーク。これでCSでの先発ローテーション入りを確実なものにした。内海、杉内の2本柱がやや調子を落としているだけに、助っ人右腕の活躍はチームにとって何よりの好材料。

 

 ホールトンは初回こそ一死一、三塁のピンチを招いたものの、ツバメの主砲バレンティンを左飛に仕留めると、川端も一邪飛に打ち取り無失点。ここから一気に波に乗った。その後は独特の間から繰り出される投球で相手打線を手玉に取った。2回から7回まで許したのは3回一死からの福地の内野安打と、7回先頭の武内に打たれた中前打だけ。体調は万全ではなく、直球は最速でも140キロには届かなかった。そこで緩急をうまくつかい、7回を散発の3安打に抑え、先発の仕事を見事に果たした。試合後は「リードしてくれた阿部さんのおかげです」と女房役への感謝の言葉も忘れなかった。

 

 そんなホールトンを原監督は「今、一番安定感がある」と高く評価している。シーズンの残り試合でよほどのアクシデントがない限り、来月17日から控えるCSファイナルステージでの先発ローテーション入りは確実だ。

 

 杉内は前日の試合で3回途中7失点。内海も最多勝争いをリードしているが、失点が多い。G投の2本柱が揃って調子を落としている今、安定した力を発揮しているホールトンは頼もしい存在。周囲の期待は日増しに高まっている。

 

 ホールトンは昨年、ソフトバンクでポストシーズンを経験しており、今の時期の過ごし方の大切さをよく知っている。「きちんとした成績でシーズンを終えないといい形でCSにはいけない。リラックスするといい流れを止めてしまう」。先の戦いをしっかりと見据え、緊張感を切らさずに戦っていくつもりだ。

 

 シーズン中盤までは不振に苦しんだが、この勝利で12勝。ハーラーダービートップの内海に2勝差と迫っており、パ・リーグの最多勝に輝いた昨季に続くタイトル獲得にも期待がかかる。それでもホールトンは「意識してない。いいリズムで(残り試合を)しっかり投げたい」。今はチームのことを第一に考えて、全力で投げ続ける。