高木監督ニンマリ「伊藤は来季の開幕投手や」

2012年09月23日 12時06分

 投手王国・中日にまた1人頼もしい右腕が戻ってきた。22日の阪神戦(甲子園)に今季初登板初先発した伊藤が6回を3安打無失点の好投。遅れてきた若武者がクライマックスシリーズ(CS)出場を猛アピールした。


「打者に向かっていく気持ちが全面に出せました。下でやってきたことを今日のマウンドにぶつけられました」


 2009年のルーキーイヤーでいきなり149キロの真っすぐを披露。しかし、その後は故障などの影響で球速が140キロ程度までガタ落ち。かつての輝きを取り戻すため今季は二軍で「とにかく真っすぐを磨いてきました」とストレートに威力にこだわり鍛えた。


 その成果は4回に表れる。新井良の4球目に150キロを記録すると、続く5球目に今季最速の152キロをマークした。


 力強さの戻った伊藤の投球に高木監督も「来季の開幕投手や。吉見に代わって開幕だよ」とニンマリ。豊富な投手陣とあって希望しているCSへの出場は微妙な状況だが、大きな強い印象を首脳陣に与えることには成功した。