捕逸でサヨナラ負け!中日守護神・福谷「結果がすべて」

2015年07月10日 11時00分

捕逸でサヨナラ負け。生還した上本(左)の横でがっくりの福谷

<阪神3-2中日(9日、甲子園)>2―2の延長11回に登板した中日の守護神・福谷は制球が定まらなかった。3四球で一死満塁とし、マートンへの初球が内角高めに。これを捕手の桂が捕り損ねて、その間に三塁走者が生還してのサヨナラ負け。「結果がすべてです」と福谷。桂は「力むことがある場面。僕がしっかりと捕球しないといけなかった」と唇をかんだ。