苦闘続く日本ハム・栗山監督 大谷先発7・2オリックス戦から仕切り直し

2015年06月30日 14時58分

 30日の日本ハム―オリックス戦(函館)は、降雨によるグラウンド状態の不良のため中止となった。

 交流戦明け2勝6敗と苦戦する日本ハム・栗山英樹監督(54)は「ウチとしては(試合を)やった方がいい。でも野球の神様が何かのメッセージを送っているとプラスに考えるしかない」と努めて前向きにコメント。

 この日、先発予定だった浦野博司投手(25)は一軍登板を一度飛ばし、7月1日のイースタン・リーグの巨人戦(ジャイアンツ球場)に調整登板させることが決まった。

 指揮官は「あさってからのピッチャーは変えない」と、勝ち頭・大谷翔平投手(20)が先発予定となっている7月2日のオリックス戦(札幌ドーム)からの仕切り直しを明言。チームバスに乗り込み、約5時間かかる札幌へ向かった。