阿部の穴埋められない巨人「捕手分業制」望む声

2015年06月25日 16時00分

相川のリードは大丈夫なのか

 巨人は24日、オーナーも激怒するふがいなさでDeNAに1―3で敗れて3連敗。借金1となり、ついに首位の座を阪神に明け渡した。“リスタート”を誓ったリーグ戦再開後も、チーム状況は悪化の一途。貧打線は相変わらずな上、大黒柱だった阿部慎之助(36)が捕手復帰を断念した影響も、ここにきて如実に表れてきている。

 毎度の試合展開だった。打線は“初物”の2年目左腕・砂田を打ち崩せず、5回を3安打に抑え込まれ、長野のソロで1点を奪うのが精一杯。同点の8回に2番手・山口がまたも勝ち越しを許すと、9回にも戸根が3点目を失い、勝負が決した。

 最近14試合の2勝12敗は、12連敗を経験したDeNAと同じ惨状だ。最大9あった貯金を食い潰し、借金生活に突入。阪神が広島に勝ったために、首位の座からも陥落した。原監督は淡々と「結果を受け止める必要はある」としながら「もう少し、勝負師というか、武士らしくあってほしい」とナインには奮起を促した。

 貧打線やリリーフ陣の不調など、失速の原因を挙げればきりがない。ただ、最近になって首脳陣の不満の矛先は、一塁手に再転向した阿部の穴を埋められない捕手陣にも向き始めている。

 阿部が首痛で離脱を余儀なくされるまで、その存在感はやはり別格だった。今季、背番号10が先発マスクをかぶった23試合は15勝8敗の貯金7。一方、その他の捕手が先発した48試合は20勝28敗と負け越している。中でも“正捕手”を任されている相川が7勝12敗と、阿部とは対照的な数字が出てしまっているのだ。

 リーグ戦再開前、原監督は捕手の起用法について「相川と加藤、少し相川に比重を置いて、試合の中で困った部分はサネ(実松)でいく。3人で回るのが一番いい」と語っていたが、現状は打撃重視で相川に頼りがちだ。ただし、相川が本塁打を放った3試合は全敗。打撃成績が勝利に結びついているとは言い難く、チーム内では「打撃で捕手を選ぶべきではない」という声も高まり始めた。

 スタッフの一人は「左投手のリードは、相川よりもカトケン(加藤)の方が上手。杉内にしたって捕手を選ばないタイプなんだから、カトケンに任せればよかったんです。結果論ですが、その後も山口、戸根と左が打たれて負けましたしね。慎之助のような絶対的な存在はいないのだから、今後は投手の左右や相性を重視するべきです」と“分業制”の徹底を訴える。

 いまだにベンチ内からは「慎之助がマスクをかぶってくれれば…」という願望も漏れるが、正直それは望み薄というもの。今後はベンチが阿部のいない捕手陣にどうメスを入れるのかも、巨人再浮上のカギといえそうだ。