ソフトB大隣 先発回避、リハビリ組で調整

2015年06月25日 10時59分

 28日の楽天戦(コボスタ宮城)で先発予定だったソフトバンク・大隣が、左ヒジ関節炎のため登板を回避することになった。期間を設けず、リハビリ組で調整する。

 

 工藤監督は「ヒジに腫れがあるので、しっかり治さないといけない。今年だけではなく来年もあるのでね」と回復に専念させる考え。復帰時期については「球宴明け後に本人が『いける』となれば考えるが、いつとは決めない」とした。代役を二軍から昇格させるかは、空き日の多い7月の変則日程も考慮して決める。