落合GMは北海道が好きなのか

2015年06月19日 16時00分

落合GM

【デスクと記者のナイショ話】

 

 中日担当記者:社会人野球を統括するJABA(日本野球連盟)の公式戦である日本選手権対象大会が3月から定期的に全国各地で開かれているんですが、落合博満GM(61)が、22日から5日間にわたって札幌ドームや札幌円山球場で行われるJABA北海道大会を視察するそうです。

 

 デスク:それが、どうかしたのか。

 

 記者:実は、そのことが球団内でいろいろ言われていまして…。

 

 デスク:問題があるのか。

 

 記者:GMが、この時期の北海道大会に行くのは2年連続だからって…。

 

 デスク:普通のGMの仕事だろ。いけないことなのか。

 

 記者:GMは本拠地・名古屋に近くて中日二軍選手も参加の岐阜や大垣で行われたJABAベーブルース杯大会には視察に行ってましたが、4月の同四国大会や、いずれも5月の同九州大会、同東北大会には全く顔を出していないそうでして…。

 

 デスク:だから、北海道だけ2年連続はおかしいってか。

 

 記者:まぁ、そういうことです。「北海道大会だけ、ちゃっかり2年連続で行くのは旅行気分も入っているのでは」とか「試合視察の後、夜には知人とかと会って、北海道のご当地料理を堪能することも目的の一つに入っているんだろうよ」などと…。

 

 デスク:そこまで言われることなのか。

 

 記者:ほかにも「来年以降のドラフト戦略も大事だけど(18日現在、借金5で5位の)今のチーム状況を思えば、北海道に行くよりも、20日に(徳島・香川連合チームとの)オープン戦に先発する(四国アイランドリーグplus・高知の)藤川(前レンジャーズ)を高知まで見にいったほうがいいんじゃないの」との声も…。

 

 デスク:チームが苦戦しているから、GMへの風当たりも強くなっているのかな。

 

 記者:ですかねぇ…。