広島チーム内から緒方監督に“もっと熱く!”

2015年06月19日 16時00分

ベンチで寡黙な緒方監督

 広島・緒方孝市監督(46)にチーム内から「はじけてほしい!」というお願いが出ている。

 

 最下位ながら首位までのゲーム差を「4・5」としてリーグ戦再開を迎える指揮官は「一試合一試合が大事になる。これからは調子の悪い選手を我慢して使うことはない。データや調子によって(起用を)考えていく」とキッパリ。これまでの期待含みの起用から一転、“鬼采配”で浮上を狙うつもりだ。

 

 そんな緒方監督に対して「もっとハッスルして」という声が上がっている。もともとは熱い性格。現役時代はケガを恐れない大胆プレーでチームを引っ張り、コーチ時代もベンチから声を張り上げてナインを鼓舞してきた。ただ、監督就任1年目となった今季はそうした役割をコーチに任せ、ベンチ奥で静かに戦況を見守りながらタクトを振っていることが多い。

 

 しかし「監督がハツラツとしてくれればチームがより一丸となって力を発揮できるはず。おとなしい選手が多いので、監督がハッスルすることで火付け役になってくれれば」(チーム関係者)と巻き返しの機運を高めるためにも、本来の熱い部分を出してほしいというわけだ。

 

「借金を一つでも減らしてオールスターまでに5割にすることを目指したい」と意気込む緒方監督だが、熱血漢ぶりでチームを勢いづけたいところだ。