内海 二軍でメッタ打ち 岡崎二軍監督「ちょっと打たれ過ぎ」

2015年06月19日 11時00分

二軍再調整となって初めてのマウンドで結果を残せなかった内海

 巨人・内海が18日、イースタン・DeNA戦(ジャイアンツ球場)に先発したが、6回3失点、被安打8と打ち込まれた。左前腕部炎症からの一軍復帰戦となった5日のソフトバンク戦で両太もも裏がつって4回途中で緊急降板。二軍再調整となって初めてのマウンドで結果を残せなかった。

 試合後の岡崎二軍監督は「ちょっと打たれ過ぎ。(相手が)手も足も出ない圧倒的なピッチングをしてほしい」と厳しく評価。6回には多村の打球が右ヒザに当たるも続投し、結果的に一死後に3失点目となる適時打を許した。これにも同監督は「強がるなら抑えろ」と目尻をつり上げた。