巨人・西村また打球直撃 岡崎二軍監督「体を守る練習をしないと」

2015年06月16日 20時10分

打球直撃のアクシデントに見舞われた西村

 巨人・西村健太朗投手(30)が16日、イースタン・リーグのDeNA戦(ジャイアンツ球場)に先発し、またもや打球直撃のアクシデントに見舞われた。

 2回一死の場面で白崎のライナーが左スネに当たり、この回を投げ切ったところで交代した。

 5月1日のイースタン・リーグのヤクルト戦(戸田)では打球が顔面を直撃して流血。緊急搬送されて10針を縫う事態となっただけに、岡崎二軍監督は「西村はよく打球が当たるからな。自分の体を守る練習をしないと。俺が思いっきりテニスボールでも打つか」と“特訓”も辞さない構えだった。