不振打線に活!! 阪神・和田監督が熱血指導

2015年06月16日 10時59分

上本(右)に身ぶり手ぶり、熱血指導を行う和田監督

 阪神は15日、甲子園で若手野手と投手陣中心の指名練習を行った。

 

「失敗を恐れず、思い切っていこう」。練習前、若虎野手陣にこう訓示した和田監督は、練習でも熱血ぶりを見せた。特に居残り特打を行った今成と上本には手取り足取りの指導を行った。和田監督は「上本、今成。そこらへんが元気にならないと。ある程度、もがいている感じが見受けられる。全員に(調子を)上げてほしいが、簡単なことじゃないから一人ひとり」と復調に期待を寄せた。

 

 今日16日は交流戦勝ち越しをかけ、本拠地で日本ハム戦に臨む。チームは4連敗中だが、指揮官は「チームの雰囲気も重いだけに何とかそれを打ち破りたい。いい形で終わりたい」と気合を入れつつ、話していた。