梅野“公開処刑”の和田監督に「もっとやれ」の声

2015年06月15日 16時00分

和田監督(左)からリード面で激怒された梅野

 阪神は14日のオリックス戦(京セラドーム)も1―10と大敗した。前日13日の1―15のボロ負けに続いての屈辱劇で、今季2度目の4連敗。借金も再び3となった。

 2試合連続でスタメン落ちしていたマートンが6番で復帰するも打線は沈黙…。先発の能見ら投手陣は今季ワーストの17安打を許し、和田豊監督(52)は「このカードは流れを持ってこれなかった。昨日今日と歯止めが利かない感じになっている。流れにのみ込まれてしまう3連戦になってしまった」と悔しそうに話した。

 この日の試合中、そんな指揮官がついにナインにブチ切れする一幕があった。怒りを買ったのは正捕手候補として期待されながら結果の出ない2年目・梅野だ。和田監督は7点を追う6回守備から梅野にマスクをかぶらせたが、失点を抑えるどころか、さらに3点を献上。これに指揮官は7回終了時、ベンチで「こんなに点を取られて悔しくないのか!」と顔を真っ赤にして怒鳴りつけたのだ。もともとが負けん気の強い梅野も「悔しいです…」と直立不動で力なく答えたが、その光景は周囲が「ベンチ裏ならともかく、ベンチ内で監督が選手を怒ることはまずない。珍しいよ…」と驚くほどの迫力だったという。

 指揮官にとっては異例の「公開処刑」…。それだけフラストレーションがたまっているということだろうが、周囲からは「もっとやるべき!」の声が上がっている。ある虎OBは「監督はもっと選手をガンガン怒るべきだ。それも梅野のような若くて下の選手ではなく、鳥谷、ゴメス、マートンといった上のクラスの選手にも怒鳴ってほしい。そうすればチームは一気に締まる。今こそやるべきだ」と訴えている。

 16日の株主総会を前にこれでもか、の恥をかきまくった阪神。それでも唯一の救いは、まだ首位巨人と2・5ゲーム差の3位につけていること。今後、指揮官の“連続公開処刑”でチーム浮上といきたいところだが…。