DeNA交流戦最下位決定…キヨシにも“危険な兆候”

2015年06月13日 16時00分

 DeNAが12日の日本ハム戦(札幌ドーム)にも競り負け、今季ワーストとなる8連敗。7―7の延長11回に国吉のサヨナラ暴投で、交流戦の最下位も決まった。

 

 中畑監督は「延長に入る流れは強い戦う意識が見えた。ただバッテリー間の中で失点の仕方がずっと一緒。今日も戦わずして点を取られた。無駄な点を簡単に与えてしまう空気がベンチを重くしてしまう。でも、ここでどうこう言ってもどうしようもない。明日(連敗を)止めるという強い意志を持ってやるしかない」と言葉を絞り出したが…。そんな指揮官には“危険な兆候”も見え隠れしている。

 

 これまではとにかくサービス精神旺盛で、報道陣のリクエストにも過剰なほど応えてくれていたのだが、前のカードの仙台では中畑監督らしからぬ「絵作り拒否事件」が起きていた。

 

 仙台入りした8日、報道陣から楽天球団が販売している大久保監督の顔がプリントされた「一致団結饅頭」と仙台名物の牛タンが手渡された。これを「がぶり」とやって、対決ムードを盛り上げようということだったが、中畑監督は「いつまでもオレが前面に出ているようじゃダメ。もっと選手を取り上げてほしい」と“絵作り”を拒否したのだ。

 

 指揮官の変化に、球団関係者は「選手を目立たせたいという監督の気持ちも分かるけど…。平常心でないのは明らか」と指摘。11日に仙台市内の青葉城へとウオーキングした際は、カラスに「カア~カア~」と話しかけるなど、だいぶ精神的にも追い詰められているようだ。