中日 そろそろ谷繁カミナリの時期じゃないか

2015年06月11日 16時00分

戦況を見つめる谷繁監督(左)

 ミス連発で自滅。中日が10日のロッテ戦(QVCマリン)に2―3で敗れた。守備では1―1だった6回一死三塁で森野が平凡な三邪飛を落球。直後、打ち直しの打球は二ゴロとなり、荒木が本塁へ送球したが、杉山が捕れない。ボールを見失う間に打者走者も二進。その後、犠飛でこの走者もかえった。攻撃では1―3の7回に連打で無死一、二塁とし、ここでベンチは長打力のある福田に代打・堂上を選択。送りバントを命じたが、痛恨の失敗。さらに次打者の二直で二走の和田が飛び出し、得点できなかった。

 

 これで借金5の5位。首位の巨人からは4.5ゲーム差とはいえ、チーム関係者は「危機的な状況。このままではいけない」と心配そうに話す。さらには「谷繁監督は、チームが敗れて自分がガツンと言うよりも、選手たちが考えてやらないと意味がないと思っているようで、今季ここまで全体ミーティングで声を荒らげたことは一度もなかったけど、もう監督がカミナリを落とすしかないんじゃないかな。手遅れにならないうちに…」との声も。

 

 この日の試合後「ミスがことごとく失点につながりましたね」と渋い表情で話した指揮官。中日逆襲の切り札は谷繁カミナリ?