中島復帰も喜べないオリックスの低迷ぶり

2015年06月10日 16時00分

復帰した中島はタイムリーを放ったが…

 パ・リーグ最下位のオリックスは9日のヤクルト戦(京セラドーム)に1―8で敗戦。先発の松葉が初回に畠山に3ランを浴びると、2回には西浦に2ラン、5回にも山田にソロを被弾し、5回途中、6失点KOとなった。「初回がすべて。気持ちの面で負けている。野手が振れているだけに余計に(序盤の)3点と2点が…」と福良監督代行。新体制になって2勝5敗。借金は今季ワーストタイの18と悪い流れは止まらない。

 

 この日はギックリ腰で登録を抹消されていた中島が一軍に復帰。6番・DHで出場し、6回に適時打を放って4打数1安打と辛うじて面目を保った。主力の復帰は明るい材料に違いないが、球団内には情けない声もある。「どんどん主力が戻ってくると“言い訳”ができなくなる。故障者がいることが低迷の原因と言われていたのに…」(球団関係者)

 

 今季はエースの金子が出遅れたのをはじめ、平野佳、佐藤達、岸田らケガ人が後を絶たず、チーム内で「何かに呪われているんじゃないか」と言われていたほど。評論家らは低迷の原因を「こんなにケガ人がいたんじゃ戦えないですよ」と口を揃え、休養に追い込まれた森脇監督にも同情的ですらあった。

 

 しかし、故障者がどんどん復帰してもチームが浮上しないままとあって「ただ弱いだけになってしまう」というわけ。現在もバリントン、比嘉、小谷野、ブランコ、坂口らが二軍でリハビリを続けている。合流の際にはそんな弱気な見方を吹き飛ばしてもらいたいが…。