巨人 高木勇に陰り&阿部離脱…不安残す敗戦

2015年06月08日 16時00分

高田に一発を食らった高木勇

 巨人は7日のソフトバンク戦(東京ドーム)に2―5で敗れ、まさかの3タテを食らった。

 

 チームトップの6勝を挙げている高木勇が先発したが「毎回走者を背負った投球になり、自分のペースで投げることができなかった」(高木勇)と振り返った通り、先頭打者を出塁させる苦しい投球。得意のカットボールを制球できず、4回に高田の2点本塁打で先制を許すと、6回には二死満塁で投手の寺原に2点適時打を与え、6回4失点でマウンドを降りた。

 

 試合後、原監督は高木勇について「防げる点といえば防げる点だったかなと思いますけどね」とだけ語り、それ以上責めることはなかったが、一方でこう続けた。

 

「全体的に相手打線がピッチャー陣にプレッシャーをかけている。1戦目に勢いを付けさせたというところもある。打つ打たないというよりも、その圧力をかけられた中で自分たちがどういう投球をするか。それは一つの教訓として(得たという意味では)いい3連戦だったと思う」。指揮官は前を向いたが、ここ5戦で3敗とルーキー右腕に陰りが見え始めた上に、阿部も離脱してチーム状態は下降気味。今後に不安の残る敗戦になった。