ミスター 途中降板の内海に厳しい言葉

2015年06月06日 10時55分

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)が5日のソフトバンク戦を観戦に訪れ、4回途中5失点で両足がつって降板した内海に苦言を呈した。「無理はしていないと思うけど…」と切り出してから、その後に続けた言葉は手厳しかった。

 

「野球に対しての本当の“アレ”が出ていない。特に精神力。コントロールもなかったからね」と独特の表現でバッサリ。その上で、「大きなケガではなくて良かった。今日はしょうがない。次の機会に」と左腕の奮起に期待した。