スーパープレーのG吉川 原監督「勝利の神様が見ていた感じ」

2015年06月05日 11時00分

試合後、吉川(右)とマイコラスはニッコリ

<巨人1-0オリックス(4日、東京ドーム)>昨オフに中日から戦力外となった吉川が超美技を披露した。1点をリードした9回一死満塁の守備で、三塁線を襲ったオリックス・T―岡田の強烈な打球を横っ跳びで好捕。三塁ベースを踏んで一塁へ送球し、併殺を完成させてゲームセットだ。

 移籍後、初のお立ち台で大歓声を浴びた吉川は「あんまり覚えてない。捕ってベース踏んで一塁に投げたら終わってました…。自分の結果よりチームに貢献できてうれしい」と笑顔。原監督も「スーパープレーとはあのことを言う。見事なプレー。勝利の神様が見ていた感じ。声も出ませんし、たぶん呼吸も止まっていた。そういう状態でゲームが終了し、その後は歓喜であったということです」と大絶賛した。