80歳・阪神OB小山正明氏がさすがのノーバウンド始球式

2015年06月04日 19時05分

見事な投球を披露した小山氏

 阪神、毎日(現ロッテ)のOBで「投げる精密機械」と呼ばれた小山正明氏(80)が4日、甲子園球場で行われた「阪神-ロッテ」戦の始球式に登場した。

 試合前に背番号「47」のユニホーム姿で小山氏が現れると、スタンドからは大歓声が上がった。そんなファンの期待通り、小山氏がマウンドよりも少し前から投じたボールは見事ノーバウンドで捕手のミットに収まった。

 小山氏は「なつかしいな。でも遠いわ、捕手が。練習? していない。やると肩が抜けてしまう」と笑みを見せた。

 この日は阪神の球団創設80周年のイベントで「小山正明デー」が開催された。