前田氏「山崎康抑え起用は中畑監督の英断」

2015年06月03日 16時00分

最後を締めた山崎康(右)を出迎える中畑監督

 DeNAの快進撃を支えているルーキー守護神・山崎康晃(22)。2日のソフトバンク戦(横浜)では6―5の9回、柳田、内川を連続見逃し三振、李大浩を三ゴロと鷹の最強クリーンアップを打ち取り19セーブ目を挙げた。防御率1.91で中畑DeNAを支える「小さな大魔神」に、本紙評論家の前田幸長氏が今後の課題を指摘した。

 

【前田幸長 直球勝負】去年の大学選手権で先発した山崎康(当時亜大)は6回ぐらいから球速がグンと遅くなっていた。彼の最大の武器は左足を三塁側に踏み込むインステップ投法だが、体の捻転を最大限に利用できる分、体力を大きく消耗する。今の抑え1イニング起用は適材適所と言える。

 

 自分も野球教室で打席に立つことがあるが、右腕のインステップは右打者は自分に向かって左足が踏み出される。インサイドに来ないと分かっていても足が自分に向けられると「もしかして」と感じてしまう。

 

 一方、左打者に対してもインサイドを大胆にえぐっている。ここまで対右33打数5安打、被打率1割5分2厘、11奪三振、対左68打数11安打、被打率1割6分2厘、28奪三振と、左右とも苦にしていない成績が、それを証明している。

 

 中畑監督によれば山崎康のアマ時代の監督から「抑えの適性がある」と聞いていたという。コーチ陣が反対する中、開幕直前にローテ候補から抑えに回したことは指揮官の英断と言える。

 

 おかげで1点差勝ちが14試合と競り合いに強くなった。打線にとってもリードが1点で十分というのは気持ちに余裕が出てくる。

 

 ただ190センチの身長で大魔神と呼ばれた佐々木主浩氏と比べると山崎康は177センチ、83キロと持っているエンジンが違う。セの対戦相手も研究してくる。本人も体力強化に努めているという。夏場に体力面で苦しくなる時、どんな投球で乗り切るか楽しみだ。 (本紙評論家)