ナニワのG党が阪神に辛口エール

2012年09月25日 18時00分

 巨人が優勝を決めた21日、トラ党のお膝元の大阪・豊中にあるG党のための店「串かつ中秀」も大盛り上がりだった。優勝決定後に恒例のオレンジ色のダルマに目を入れた店主の米沢賢郎氏(71)は「こんな戦力やったら優勝せなおかしいやろ」とエビス顔だ。

 

 店内は大阪だけでなく、滋賀や兵庫など近畿一円から熱心な巨人ファンが訪れ、20人で満席のところ、この日は36人が詰めかけた。さらに店の外では入りきれなかったファンが歓喜の声を上げ、久々の勝利の美酒に酔った。米沢氏は「4月の時点ではどうなるかなと思ったけど、スキャンダルで逆に良くなったんじゃない」と際どいネタで笑い飛ばす余裕さえあった。さらに伝統の一戦の相手・阪神に「強くないとオモロない。もっと来て」と辛口のエールを送った。

 

 また、店の最寄りの阪急・服部駅の近くでは坂本の少年野球時代の恩師である中野義則さん(55)が愛弟子の活躍に目を細めていた。「去年、一昨年と練習に来てくれた。本当に優しい子。これからクライマックスシリーズや日本シリーズが待っている。そこでMVPを獲得するぐらい活躍してほしいですね」と激励していた。