広島・松田オーナー「12連勝せんかい!」

2012年09月20日 18時00分

 広島が19日のヤクルト戦(マツダ)に1―3で敗れて5連敗。3位・ヤクルトに6ゲーム差をつけられ、悲願のクライマックスシリーズ進出は絶望的となった。わずか3安打で3試合連続の逆転負けにこの日、46歳の誕生日を迎えた野村監督は「一にも二にも打って点を取らないと…」とガックリだ。

 

 だが、赤ヘルはまだまだCSを諦めない。「12連勝するしかない! そうすれば状況が変わってくるかもしれない」と声を大にしたのは総帥・松田元オーナー(61)。残り12試合全勝指令を出したのだ。

 

 そのためには絶不調の打線の復活が不可欠。松田オーナーは「今はみんな力み上げている。気迫だけで打てたらいいが、そうもいかない。もっとリラックスして打席に入ってほしい」と本来の打力を取り戻すためにも“自然体”の重要性を強調した。

 

 21日からのDeNA戦(横浜)はエース・前田健など表ローテ投手が先発するとあって「まだ分からない」と連勝を期待する松田オーナー。ヤクルトが残り15試合を7勝8敗ならば、広島が残り12戦全勝で上回れるが、ミラクルは起きるか――。