楽天鮮やか逆転!一夜で4位浮上

2012年09月19日 12時00分

 楽天は18日のロッテ戦(Kスタ宮城)で打線が意地を見せ、逆転勝ちで一夜にして4位に浮上した。

 先発の釜田は制球が定まらず2回に3失点するなどピリッとしない内容。そんな悪い流れを断ち切ったのはシーズン中にトレードでDeNAから移籍してきた2番・藤田だった。

 3回、一死二、三塁で三塁線を破る2点適時二塁打を放ち、反撃の起点になると、4回には聖沢の適時打で同点に追いついた直後、二死一、二塁の場面で左中間に2点適時二塁打。この日猛打賞を決める勝ち越し打で打線を勢いづけた。

「聖沢が3安打で打線に勢いをつけてくれたので負けないようにと思ってました。自分も続けてよかった」。控えめなコメントながらも、しっかりと結果を残した。

 藤田の打撃に触発され打線爆発。逆転に成功したあとは松井の適時打、ガルシアの6号2ランなどでこの回一挙6得点し試合の流れを引き寄せた。

 釜田は6回8安打4失点でマウンドを降りることになったが、その後はリリーフ陣がしっかり役割をこなし勝利。再びロッテに0・5ゲーム差をつけた。19日は舞台を東京ドームに移して行われる今カード。三木谷オーナーが来場する“御前試合”でライバルとの差を広げたいところだ。