石井一久氏が古巣ドジャースタジアムで始球式登板

2015年04月30日 20時30分

 米大リーグ、プロ野球で活躍し、現在は吉本興業の契約社員となった石井一久氏(41)が29日(日本時間30日)、古巣・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで行われたドジャース-ジャイアンツ戦の始球式に登場した。懐かしのユニホームを着てマウンドに立った石井氏は往年の投球フォームを披露。この試合のオープニングコールも務めた。

 石井氏は自身のツイッターで「青くん(青木宣親=33、ジャイアンツ)と同じグラウンドに立つなんて」と、ヤクルト時代の同僚との再会を喜んだ。また、トミー・ラソーダ元監督(87)と対面したことを明かしている。