田淵超え!アニキ有言実行475号

2012年09月17日 12時00分

 トラの鉄人・金本がまた新たな“金字塔”を打ち立てた。16日の巨人戦(東京ドーム)の4回に6月23日のDeNA戦以来となる5号2ランを放ち通算475号に到達。田淵幸一(現楽天ヘッドコーチ)を抜いて、歴代単独10位となった。

 今季限りでの現役引退を表明した金本にとって、この日はプロ人生最後の巨人戦。試合前には「なんとか1本打ちたい」と話していた。そして4回の第2打席。24歳年下の巨人先発・宮国がカウント1ボールから投じた甘い変化球をバットの芯でとらえ、左翼スタンドへと叩き込んだ。

 12日の引退会見後初の安打がホームラン。まさに金本らしい一発だ。歓声と拍手に包まれながら、金本は喜びをかみしめるようにゆっくりとマウンドを一周。

「引退会見でも言ったように何とか田淵さんの記録を抜きたいと思っていましたが、本当に打てて良かったです。正直、うれしかった」

 第3打席は四球、第4打席は空振り三振で7回の守備から交代。アニキのバットが火を噴いたのは4回だけだったが、トラ党はもちろん、G軍ファンにも強烈な印象を残したのは間違いない。抜かれた楽天・田淵ヘッドコーチは「オレは11位か。もう抜かれていると思っていたよ。良かった、良かった」と古巣の後輩の快挙を心から喜んだ。

 和田監督は「残り試合でどうしても打ちたいと言っていたからね。大したもんだ。打ったときの下半身の使い方、粘り。若い選手もベンチから見ている。一打席一打席、学ぶ所がある」。

 試合には敗れ、節目の一発は空砲となったのは残念だろうが、金本には残る14試合でも思う存分暴れてもらいたい。