秋山監督ゲン担ぎ!緑色ユニでレオ狩り

2012年09月16日 18時00分

 ソフトバンク内で秋山監督のゲン担ぎ解禁が注目を集めている。

 秋山監督といえば、球界には珍しいリアリスト。「ゲン担ぎなんてしないよ。現役の時はしたこともあっただろうけど、したって意味がないからな」とまで言い切っていたのが変わった。本拠地・ヤフードームで行う明日17日からの西武3連戦でソフトバンクは勝率のいい緑色ユニホームを着用するが、実はこれこそ秋山監督のゲン担ぎ。「監督が“緑を着ないの”って言ってきたことで決まったことなんです。急きょ10日に申請しました」(球団関係者)というのだ。

 緑色ユニホームについては、これまで営業サイドが着用するカードを決めていた。成績は12勝5敗1分け。近々では7日からのロッテ戦で3連勝を飾り、6ゲーム差をつけられていた西武との差を3ゲームに縮めるミラクルが起きた。まさにラッキーカラー。混パを抜け出しての球団史上初の3連覇に向けて、さすがの秋山監督も使わない手はない、と考えたようだ。

 これには「(監督も)できることはすべてやろうということだろう。選手の気持ちが違うはず」とチーム関係者。ある選手も「もはや緑色頼みだと思ったロッテ戦で勝ったし、いいイメージでやれる」と笑顔で話すが、果たして…。ペナント争い大詰めで飛び出した“秋山ゲン担ぎ”は吉と出るか、凶と出るか——。