投打で主役!ヤクルト村中9勝

2012年09月15日 12時00分

左から村中、つば九郎、森岡

 ヤクルトは14日のDeNA戦(神宮)に6—2で逆転勝ち。下位打線が集中打を見せ、3位を死守した。

 1—2と1点ビハインドで迎えた4回、ヤクルトは二死から相手先発・国吉をつかまえ森岡の1号ソロでまずは同点。続く二塁打の中村を先発・村中が右中間三塁打でかえし逆転に成功。さらに雄平、田中の連続適時打と5連打で一挙4点を奪った。

 同点弾の森岡は「二死だったので二塁打が打てれば最高と思っていたんですがまさか本塁打とは出来すぎ」とニンマリ。4点目の適時打を放った雄平は「三塁まで激走した村中のためにもなにがなんでもかえしたかった」と投打に活躍した先発・村中の好走塁に応えた。

 好投&殊勲の村中は2失点完投で9勝目を挙げた。苦手DeNAから白星をもぎ取り、チームの借金も「3」まで減った。4位・広島の調子が上がらない状況で、一気に突き放せるか。